iPhoneX Face IDの認証成功率をあげる方法

0
249


Face IDのRedditスレッドは、iPhone XのFace IDの認証エラー体験を多く報告しています。一部のオーナーはAppleの説明通り多くの場合でFaceID認証を成功していますが、一部のユーザーで
は、FaceID認証が失敗しエラーが発生する場合があるようです。



iPhoneX Face IDの認証成功率をあげる方法

iPhoneX Face IDの認証で失敗する場合が多い方は、成功率をあげる方法がいくつかありますのでご紹介します。

顔を再登録する

Face IDの認証が多く失敗する場合は、まず顔を再登録することをお勧めします。よくあるレポートやコメントから、この方法で多く、認証問題を解決できているようです。

また眼鏡をかけている場合は、眼鏡をかけている状態で顔を登録する方が認証がうまくいくようです。

暗闇の中で顔登録を行うと良いと言う人もいます。Face IDの認証に使われているカメラが赤外線カメラであるため、明暗がどのように影響するかはわかりませんが、暗闇の中であれば、完全な状態でスキャンできるのではないかとの説があります。

Face IDが提供するセキュリティ機能の1つは、認証にiPhoneをみつめる必要があるということです。これは、眠っているときや、目線がiPhoneにいっていないときに、他の人が、顔を使ってiPhoneのロックを解除してしまうのを防ぐためです。

そのため、iPhoneが目をはっきり読み取るようにする必要があり、目の向き先で失敗の可能性が増します。これは、眼鏡やサングラスを着用している人にとっては多く問題が発生するようです。

iPhoneと顔の距離を再検討する

iPhoneと顔の距離が重要であるとコメントしている人もいます。電話が遠すぎると失敗する可能性がありますが、あまりにも近すぎても逆に失敗する可能性が高くなるようです。

今ままで色々なパターンで試したなかでは、一番関係性があるそうなのは、iPhoneと顔の距離のようです。失敗したテストの約95%が距離を調整することで解決しました。