DJI Mavic Pro IIの発売日は、2018年6月まで延期される可能性があり?

0
5534

DJI Mavic Pro II(またはMavic Pro 2)の最新の噂は、2018年6月まで発売日が遅れる可能性がある点です。Mavic Pro IIの発売日は、3週間後の3月22日になると予測されていましたが、大幅におくれるとの見通しになります。Mavic Pro IIがMavic Air後に、リリースされる最初の新しいドローンになることが期待されていました。 Mavic Pro IIが6月に発売日を延期することで、3月には、別のDJI製品が発売される可能性があります?



DJI Mavic Pro 2の販売日が2018年6月に?

@OsitaLVは、DJI Mavic Pro 2の販売日が2018年6月に延期されるとの、新しい情報をつぶやきました。これは3月22日、当初の噂の発売日よりも大幅に遅れることになります。

さらにOsitaLVは、Mavic Pro IIは1インチCMOSセンサーにメカニカルシャッターを持たないとコメントしています。現在のPhantom 4 Proには、メカニカルシャッターと電子シャッターがあります。現在のMavic Proは電子シャッターのみを備えています。ビデオ映像のジェロ効果またはローリングシャッター効果を除去するには、グローバル(メカニカルまたは電子)シャッターが必要です。

これは、ファントムシリーズが、可能な限り高い品質を必要とするフォトグラファー/ビデオ撮影者のために用意されていることを示しているのに対し、Mavic Proシリーズでは、プロの撮影者向けの重要な機能が一部足りないことになります。

後のtwitterでOsitaLVは、Mavic Pro IIのプロトタイプに可変絞り/アパーチャF2.8-F11を言及しましたが、発表日はありませんでした。また、Mavic Airよりも速い視覚処理システムを備えており、静かなプロペラを搭載しているとコメントしています。

MAVIC PRO IIの噂されているスペックを更新

  • 正式名称はMavic Pro 2の代わりにMavic Pro II
  • 現在のMavic Proよりも大幅に大きくなります
  • 4820 mAhのバッテリー容量と15.2 Vのパワー(現在のMavic Proの3830 mAhと11.4 Vと比較)。
  • 現在のMavic Proとは異なるバッテリー設計
  • より大きなモーター(現在のファントム4よりわずかに小さい)による推進力の向上
  • 飛行時間は33分(現在のMavic Proには27分、プラチナでは30分の飛行時間です)。
  • ‘静かな’プロペラを持っています
  • 最高速度はスポーツモード(2/24)で72 kph(45 mph)
  • 1 “CMOSセンサー(現在のMavic Proは1 / 2.3” CMOSセンサーを搭載)に28mmレンズを搭載しています。
  • メカニカルシャッターなし
  • 可変アイリス/絞りF2.8-F11
  • 新しく設計された3軸ジンバル。
  • 暗闇の中でも障害物を避ける赤外線3Dセンシング
  • 視覚処理システムが改良され、Mavic Airよりも高速になります
  • 両眼後方視界障害回避センサ。
  • 古いMavic Proと同じリモコンのデザインだが大幅に改善
  • OcuSyncを使用します。
  • ビデオ送信の頻度は不明です。
  • 敏捷性と精度の向上。

現在のPhantom 4 Proよりも優れていると予想されます。
Mavic Pro IIのベータテスト受付は1月下旬に終了しました。
量産はすでに開始されており(2月上旬)、最新の情報では、開始日は6月になりそうです。

Mavic Pro 2は、現在のMavic Proと同じようにDJI GO 4アプリで制御されます。
予想価格:1299ドル以上。 FlyMoreコンボはより高価になります。
新しいMavic Pro IIは、APAS、3Dセンシング、障害回避(フロント、ボトム、リア)など、Mavic Airで導入された新技術の多くを引き継ぐことを期待しています。 Astroid、Boomerang、Panoramaなどの新しい機能がボタンとして搭載される予定です。