新しいiOS 12のコンセプト、最新のロック画面、Appバー、ゲストモード、FaceIDトリックなどを提供

0
585

昨日、macOS 11のコンセプトを確認しましたが、さらにデザイナーのiOS News And Moreから、まったく新しいiOS 12コンセプトイメージの提供がありました。改善された安定性とバグ修正に向けて、このコンセプトは、iOS 12のいくつかの滑らかな機能強化を想像しています。



新しいiOS 12のコンセプト

Appleは、いくつかの新規機能を保留にし、iOS 12の安定性とパフォーマンスに重点を置いて取り組んでいるといわれています。

ホーム画面とロック画面

ホーム画面のコンセプトは、ホーム画面にアプリ名なしのイメージを想像しています。ロック画面で天気予報などをみるには、ノッチから下にスワイプすることでみることができます。

ロック画面というと、iPhone Xのロックを解除してホーム画面に移動するためのスワイプアップを取り除く、よくあるユーザーのリクエストに対応しています。また、ユーザーが特定のアプリをロックするオプションも追加されています。

サウンドバー

別の一般的なリクエストは、iOSの音量コントロールを管理する方法です。このコンセプトは、サウンドバーを「音量を変更するより良い方法」として紹介しています。

ゲストモード


Face IDのほんの少しの不満の1つは、Touch IDとは異なり、複数のユーザーをサポートしていないという事実です。新しいゲストモードはこの問題を解決し、日常の使用だけでなく緊急時にも便利です。

アプリバー

Appleが現在のマルチタスクから移動するさいのアイデアです。 3D Touchとスワイプジェスチャーを使用してスイッチャーを呼び出します、スプリットビューを使用しているときにiPad上で2番目のアプリを選択するときのUIを連想させます。

その他の機能

このコンセプトは、他の多くのユーザーリクエストにも対応しています。
また、暗いテーマとグループコールをサポートしたFaceTime、iPhoneへの新しいスプリットビュー、固定されたタブ、複数のタイマー、システム全体のダークモード、主要なカメラアプリのアップデート、通知のリフレッシュ、通知ドットの新しいカスタマイズなどが含まれます。

iOS 12コンセプトイメージ via Behance