超レトロゲーム機、Commodore PET 2001が、豪華なワンオフビルドで復活!

0
357

レトロゲームへの関心は、最近、急上昇してきています。任天堂はNESやスーパーNESクラシックのリメイクで盛り上がっていますが、ソニックなどの人気タイトルも復活しました。昨年、ほぼすべてのゲーム機が復帰したように思われますが、重要なゲーム機を忘れています。



超レトロゲーム機、Commodore PET 2001

スウェーデンのLoveHulténは1970年の象徴的なCommodore PET 2001を豪華なワンオフ・コンソールをリメイクしました。鮮やかな色彩でポップにデザインされたこのパーソナルコンピュータは、昔の懐かしいゲーム機です。

PET De Luxプロジェクトは、最高級の職人技が加わり、ディスプレイ、キーパッド、カートリッジなどを収納する豪華なウォールナットケースを備えています。ジョイスティックの明るい赤色ポップは、人気の高いレトロゲームデザインのシンボル的な存在です。

Commodore PET(Personal Electronic Transactor)は1977年に最初に発表されました。組み込みのカセットプレーヤーは、一度に1つのゲームを読み込みます。

内部には1MHzのプロセッサが搭載され、最大8KBのRAMを搭載していました。当時のCommodoreシステムの基盤となったBASICオペレーティングシステムを実行します。

クルミから作られた、チクレットスタイルのキーボードで、カセットストレージシステムを保持しています。アップグレードには、ワイヤレスで、豪華なコントローラのペアが含まれています。

システムには、8インチのカラーディスプレイに対応するRaspberry Pi 3があります。今回は画面がフラットになっていましたが、元のように見せるために面白いトリッキーな再現が施されています。このソフトウエアは、旧式のチューブ対応のものに合わせて少し曲がっています。

残念なことに、PET De Luxプロジェクトは現時点では単なるビルドバージョンです。現時点で市場に出す計画はないようです。