ウォーレン・バフェット氏は、アップルのエコシステムを賞賛、しかしまだフリップ電話機を使用

0
214

今月初め、ウォーレン・バフェット氏のバークシャー・ハサウェイは、AAPLの保有数をさらに買い増しする報道が出しました。今朝のCNBCとのインタビューで、バフェット氏は、アップル社への情熱を熱心に語りましたが、実は、彼自身、まだフリップ電話を使用していると述べています。

バフェット氏は、CNBCとの会談で、バークシャー・ハサウェイは昨年、他の会社よりも多くのAAPL株式を購入したと説明した。

保有株式の時価総額では、ウェルズ・ファーゴがバークシャー・ハサウェイの最大保有株で292億ドル、アップルは282億ドルであった。

バフェット氏は、Appleが「非常に優れた消費者フランチャイズ」を持っていると説明した。バフェット氏は、それを欠点と見なす一方で、消費者がアップルの製品やサービスのとりこになっていると賞賛した。

Appleには特別な消費者フランチャイズがあります。 私は、生態系がどれほど強力であるかを、驚くほどに観察しています。 とても精神的にも、使っている製品に支配されています。 iPhoneは非常に粘着性の高い製品です。

バフェット氏は、このように語っていますが、まだフリップ電話を使っているという。ティム・クック氏は、バフェット氏に同様の質問を尋ねたが、バフェット氏がまだiPhoneを持っていない限り、市場はまだ飽和していないと冗談を語っていた