Appleは今年、新しいAirPodに声による活性化機能を追加

0
205

今朝のブルームバーグレポートでは、新しいAirPodモデルのリリース計画が報告されている。Appleは、2016年後半に最初にリリースされたAirPodを、今年、新しいモデルでリフレッシュする計画であると予測しています。



新しいAirPodに声による活性化機能を追加

変更のハイライトは無線チップの改善になり、現仕様では、Siriの音声コマンドを起動するには、ワイヤレスイヤホンの1つをタップしなければなりません。2018年の新しいモデルでは、iPad に、「ヘイ!Siri」と呼びかけるだけで起動するようになると予測されています。 また、ブルームバーグは、Appleが2019年のアップデートで、耐水性があるAirPodになると述べています。

ヘッドフォンの世界では、普及しているモデルはなかなか更新されず、新しいものがでるまで何年もかかることがありますが、Appleでは、速くて規則的な繰り返しが期待されるリリース周期と認識し、対応をおこなっています。

今日の情報に関して最も興味深いのは、実際には無線チップの改善があることです。アップルはすでに、W1チップをiPhoneと互換性のあるBeatとAirPodのモデルに接続して、最高に便利なBluetoothオーディオ設定を提供しています。