ダイソンは3つの全電気自動車を計画、第1世代に固形バッテリー搭載を断念?

0
386

昨年、英国の家電メーカー、ダイソンは、2020年に固体バッテリーを搭載した電気自動車を市場に出すために、20億ポンド(27億米ドル)を投資していることがわかりました。

今回、新しいレポートでは、ダイソン社が、実際には3つの電気自動車に取り組んでおり、第1世代にはダイソンの固形バッテリー技術が搭載されていない可能性があると報告している



ダイソンは3つの全電気自動車を計画

ダイソンは長い間、電気自動車をつくっていると噂されてきた。噂は、同社がミシガン州のソリッドステートバッテリーの立ち上げSakti3を9000万ドルで買収し、次世代のバッテリー技術を大量生産するために重要な10億ドルのバッテリー工場を建設する計画を発表した際に噂が強まった。

同社はその後、従業員へあてた電子メールで、計画を確認されました

2020年のタイムラインは、ソーラーバッテリー技術を初めて商業化することを検討しており、ダイソンのEVプログラムを確認した、Financial Timesの新しいレポートでは、その可能性について疑問を投げかけています。

重要なのは、ダイソンは、最初の車でソリッドステートではなくリチウムイオン電池の使用を検討しているということです。同社は決断を確定していないが、ソリッドステートを使用しないという選択肢は、最初の技術的戦略から離脱を意味します。

固体電池は、一般的なリチウムイオン電池よりもはるかに安全であると考えられており、より高いエネルギー密度の可能性があります。しかし、大量かつ魅力的な価格帯で生産できる企業はまだない

Sakti3は、エネルギー密度が400Wh / kgのソリッドステートバッテリセルを製造したと発表した2014年にヘッドラインを発表しました。これに対し、Tesla社のパナソニックセルは、業界トップであると信じられており、約250 Wh / kgです。

ダイソンはこの技術を市場投入をおくらせることになるかもしれないが、電気自動車の野心は変わらない。