Google Payの公開が新しいアプリデザインで開始!Googleウォレットに代わるGoogle Pay Sendが登場?

0
248

Pixelラインナップのデビューに続き、Googleは、Andoridブランドに独自の名前を取り入れ始めました。最近、Googleは、管理下にある支払いオプションを「Google Pay」と合併すると発表した。その発表内容は、今日、正式に開始されている。



Android PayがGoogle Payに完全に統合

今日から、Googleは、Android PayをGoogle Payに、完全に統合しました。新しいアップデートは、新しいブランドGoogle Pay名で展開されます。 まずは、米国から切り替わりが始まりますが、他の国ではすぐには変更されていない可能性があります。

このブランディングの変化に伴い、新しいデザインが登場します。 Android Payのインターフェースは非常にシンプルでしたが機能的でした。しかし、Google Payはもう少し機能を提供し、少し違った形で、インターフェイスが整理されています。

この新しいアプリのメイン画面には、プライマリカードとコンテキスト情報が表示されるようになりました。たとえば、最近の取引や近くで使用できるリワードカードが含まれます。

Google Payの新しい[ホーム]タブには、必要なときに必要な情報が表示されます。最近買った商品を見たり、近くの店を探したり、リワードに簡単にアクセスしたり、役に立つヒントを得ることができます。

アプリの2番目のセクションは、お支払い方法とギフトカード/リワードカードの両方を含む設定カード専用のコーナーになっています。

[カード]タブを使用すると、チェックアウト時に必要なものすべてを整理しておくことができます。クレジットカードとデビットカード、ロイヤルティプログラム、オファー、誕生日のギフトカードまで保存します。

期待どおり、この新しいアップデートでは、店頭でショッピングするときには、実際のカードとは異なるカード番号なるセキュリティ機能など、Android Payのすべての優れた機能が維持されています。 Google Payはオンライン決済にも使用できます。

最後に、Googleはまた、このすべてでGoogleウォレットがどのように機能するかについていくつかの情報を明らかにしました。ウォレットの名前が「Google Pay Send」に変更されており、まもなく再設計されます。 Googleが最終的に同じ機能を標準のGoogle Payアプリに統合しようとしているのかどうかは不明です。