Android用Chrome 64は、URLを共有するときにモバイルリンクを短縮し変換

0
383

Chrome 64は、サイトワイドのオーディオミューティングや、広告ブロッカーなどの機能を備えた先月、Androidに登場しました。さらに、ブラウザは、URLを自動的に短縮し、共有するときに非モバイル版に変換する便利な小さな機能も追加しています。



Android用Chrome 64のモバイルリンク短縮機能

Android Policeで発見されたAndroid用Chromeは、オーバーフローメニューのブラウザに組み込まれている共有機能を使い、長くて乱雑な短縮できるようになりました。トラッキング識別子なども追加されたリンクは、最小限に短縮されます。トラッキング識別子は、Twitter上のリンクをクリックすると、サイトの参照者が登録され、ユーザーがページにどのように到達したかを追跡することができる機能です。

Chrome 64では、Chromeメニューを使用してそのページを共有するとリンクが短くなります。これは、Amazon、Google AMP、さらにはモバイル版のサイト(WikipediaやYelpなど)からのリンクでも機能します。後者のシナリオでは、共有するときに完全なデスクトップURLアドレスが表示されます。

これは「クリップボードにコピーする」オプションと他のサードパーティのアプリケーションで動作します。一方、Omnibarに向かって手動でURLをコピーすると、必要に応じてリンク全体が提供されます。