WWDC 2018はサンノゼ・コンベンションセンターで、6月4-8日に開催予測?

0
473

Appleは今年もWorldwide Developers Conference を開催すると思われますが、昨年のWWDC 2017と同じ、カリフォルニア州サンノゼのMcEnery Convention Centerで開催された場合、開催日は6月4日(月)から6月8日(金)になる可能性が高い。



WWDC 2018は、月4-8日に開催

WWDCは、2003年から2016年にサンフランシスコのMoscone Centerで開催された後、McEneryコンベンションセンターに2年連続で開催される可能性がある。

McEneryコンベンションセンターは今年6月の第2、第3、第4週に他のイベントが予約されており、この月の最初の1週間は唯一、WWDC 2018を開催可能な期間となる

  • 6月4〜8日:WWDC 2018(?)
  • 6月11〜14日:O’Reilly Velocity Conference
  • 6月17-21:DataWorks SummitとHadoop Summit
  • 6月26-28日:センサー・エキスポ&コンファレンス

WWDCは2000年代から、6月に開催されており、月の前半が多い、6月4日から9日は非常に可能性が高い期間となります。しかし、アップルとの契約は確認されていないため、あくまで未予定の期間からの予測となります。

アップルはWWDC 2017の日付を4月に発表しているため、今年も4月付近での発表が予測されます。

WWDC2018も、iOS 12、MacOS 10.14、tvOSとwatchOSの新バージョンを含むべきソフトウェアプラットフォームの最新バージョンを発表する場となりそうです。基調講演には、2011年はiCloud、2012年はRetinaディスプレイを搭載した最初のMacBook Pro、2017年は、新しいiPad Proなど、他の大きなハードウェアやサービスの発表が含まれることがあります。

チケットの価格は約1,599ドルで、抽選でランダムに配布されます。出席したい人は、Appleの公式WWDC 2018の発表前にApple Developer Programに参加する必要があります。

誰もがWWDCに参加できませんがが、基調講演のライブストリームを提供し、開発者セッションのビデオをWWDCのWebサイトやiPhone、iPad、Apple TVのWWDCアプリで公開しています。