Apple Pencilをサポートした新しいiPadは、学生向けの低価格で299ドル!

0
230

アップルはシカゴの教育イベントで新しいiPadを発表しています。最近、安価な新しいiPadの噂が浮上し、Appleは、Apple Pencilに対応した最新の9.7インチのiPadを公式に発表している。アップデートされたiPadにはTouch ID、HD FaceTimeカメラ、10時間のバッテリー寿命、8メガピクセルのリアカメラ、LTEオプション、AppleのA10 Fusionチップが含まれます。



Apple Pencilが付属する新しいiPadは、学生向けの低価格で299ドル!

Appleは以前、昨年の9.7インチのiPadの価格を下げ、ベースモデルは329ドルからでしたが、今日、発表された9.7インチのiPadでは、さらにやすい価格を実現しています。アップルは新しいiPadを299ドルで、学校には329ドルで提供する要諦です。

それは明らかに、噂された259ドル価格のiPadモデルではありませんが、学生や教師にとってはより手頃な価格です。それでも、Apple Pencilとキーボードを搭載したiPadは、安価なChromebookよりも優位です。 GoogleはChrome OSのタブレットを先日発表しました。Chromebookはスタイラスのサポートを表明しているため、299ドルのiPadが、すぐにさらに大きなプレッシャーにさらされる可能性もあります。

この新しいiPadは、教育現場での普及を目指すAppleラインナップの重要な要素となります。 AppleのiPadsとMacノートパソコンは、5年前に米国の教育現場で大きなシェアをしめていましたが、Appleは現在、競合企業のGoogleとMicrosoftの両方に教育現場のシェアを奪われており、Chromebooksは米国の教育現場で出荷台数60%のシェアを誇っている

Apple Pencilのサポート

Apple Pencilのサポートは、この新しいiPadの最大の特徴です。
アップルの製品マーケティング担当バイスプレジデント、グレッグ・ジョスウィック氏は、教育用に作られたアプリが20万個あり、アップルの最も人気のあるiPadが9.7インチのモデルであることを明らかにしました。

Apple Pencilは、元々99ドルで別売されていました。それはまだこの新しいiPadと別々に販売されますが、今はこの安いiPadモデルで動作します。

Appleは、今回のイベントでSmart Annotationを実演しました。Apple PencilをサポートしているPages、Numbers、KeynoteなどのiWorkアプリの新バージョンをを公開することを発表しています。教師はMacを使って教室用のデジタルブックを作成することができます。

Apple Pencilは、iPadと一緒に出荷されませんが、サードパーティのオプションがあります。 Appleは、Logitechが$ 49の価格でiPad用の独自のクレヨンペンを作成していることを明らかにした。 AppleはiCloudの無償提供を5GBから200GBに拡大し、Appleサービスを利用してiPadsをバックアップし、Appleのフォトサービスを利用することをお勧めしています。