アップルの最新特許はスリープトラッカーとARに関する追加の技術

0
246

アップルは、たとえその特許を使用しなくても、新技術のために特許を多く出願しています。アップル社は今週だけで5つの新しい特許を申請しました。今回の特許は、スリープトラッカーとARに関するいくつかの興味深い技術内容が含まれています。



iPhone用アクセサリレンズ

興味深い特許の1つは、iPhone用アクセサリレンズの開発に関連しているようです。この特許は「カメラシステムをアクセサリーレンズに適合させる技術」との題材になっており、アップル社はiPhoneのようなデバイス上のカメラレンズに取り付けできる小さなレンズを検討していることを示しています。

もちろん、システム全体がかなり複雑になる可能性があります。最良の画質を得るためには、携帯電話のカメラの光軸をアクセサリレンズの光軸に合わせる必要があります。アップルがカメラにレンズを取り付けるための何らかの標準を採用していない限り、それは難しいかもしれません。

AppleはARにさらに取り組む技術

AppleはARに大きな関心を抱いており、その最新の、「透明な電子デバイス」と呼ばれるこの特許は、11月に提出された特許とはわずかに異なるないようになります。特に、透明ディスプレイを備えた電子デバイスを記述する新しい特許は、不透明部分および透明部分を具体的に構成された専用プロセッサと共に、調整可能な不透明層に重点を置いている。

このデバイスはすぐには登場しなさそうですが、アップル社はMac専用のARディスプレイでこのデバイスの取り込みを検討している可能性が高い。

ディスプレイの異なる部分に異なるリフレッシュレート

3番目の新しい特許は、Appleがディスプレイリフレッシュレートに関連して開発していると思われるものです。特に、Appleは、ディスプレイのさまざまな部分で異なるレートでリフレッシュできるディスプレイを開発したいと考えています。

これは興味深い提案です。基本的に、ディスプレイの一部が静止していると、頻繁にリフレッシュする必要はなく、バッテリ寿命を延ばすことができます

眠りについた時間に基づいてアラームを設定する技術

最後の2つの特許は、スリープトラッキングに関連しています。最初は、アラーム設定を、眠りにつくタイミングで、アラームを変更するように設計するものです。

バイタルサインの監視

最後に、ユーザのベッドに設置されたセンサを介して動作するバイタルサインの監視システムがあります。 Appleは昨年、睡眠追跡会社Bedditを買収して以来、まだ睡眠追跡技術に関連する製品をリリースしていない。

この特許によれば、この技術は睡眠を追跡し、睡眠を改善する方法についてのフィードバックを提供するために、睡眠を追跡するためのデバイスをユーザー自身に接続する必要はありません。

Patently Appleの報告によると、AppleがBeddit買収後にAppleが睡眠トラッカーを開発していることは間違いないようです。