Apple、すべての新しいアプリは、4月からiPhone Xのネイティブサポートを必須に!

0
572

Appleは今日、開発者に、2018年4月からApp Storeに提出されたすべての新しいアプリがiPhone XのSuper Retinaディスプレイをサポートしなければならないことを通知しています。



新しいアプリは、iPhone Xのネイティブサポートが必須

つまり、新しいアプリ開発者は、5.8インチのOLED画面上でiPhoneXのノッチ(画面上部切り抜き)に対応したアプリを必ず作らないといけません。

既存のアプリのアップデートがiPhone Xをネイティブでサポート場合は、Appleは期限を設定していませが、4月からの新しいアプリ申請は、すべてiOS 11 SDKを使い、iPhoneXのノッチ(画面上部切り抜き)に対応したアプリを作成する必要があります。

近年、アップル社は最新のデバイスのサポートについてもっと積極的にルールを適用しています。

アップルはCore ML、SiriKit、ARKitなど最新のiOS 11の機能を採用することを電子メールで通知した。

これは、新しいApp開発者が最新のApple開発ツールを使用していることを保証し、App Store全体が古くなるのを防ぎ、最先端の機能の採用を促進する事が目的となります。

ルールは2018年4月から施行されます。