Essential Phone、発売後数ヶ月の販売台数は90,000台未満

0
273

Androidの開発者の一人、アンディ・ルービン氏のEssential Phoneは、2017年の後半に宣伝活動を開始しましたが、販売に際し苦戦を強いられています。同社はEssential Phoneのデビュー以来大きな改善を見せているが、販売数字上は残念な結果となっている。

IDCの報告によると、Essential社はPH-1スマートフォンを90,000台未満販売している。 IDCのリサーチディレクター、Francisco Jeronimo氏は、このニュースを発表し、昨年7月にEssential Phoneが発売されて以来、2017年年末までに、わずか約88,000件の売上を記録しています。

Essential Phoneが何百万台も販売してアップルやサムスンと競うことを期待した人はいなかったが、新鮮なデザインやソフトウェアから、もう少し注目を集めるだろうと多くの人が考えていた。悲しいことに、Essential Phoneの貧弱なカメラと高価な価格帯は、HTC、Google、OnePlusなどの端末との競争力を損なっていた可能性があります。

Essential Phoneの大幅な価格引き下げは、基本的に電話機のコストを半減させ、カメラの連続的な改善は問題解決にむかうと思われましたが、そううまくは行かなそうです。Essential Phoneの驚くほど素晴らしいハードウェアと機能がうもれてしまうのは残念ですが、当社の第2世代製品ではより良いものがみられることを期待です。