ユニバーサルオーディオのUA Arrowは、素晴らしいオーディオインターフェイス

0
467

先週、ユニバーサルオーディオは、人気のあるApollo Twinインターフェイスシーリズの新しいエントリーレベル・オーディオインターフェイス、UA Arrowを発表しました。他のインターフェースと同様に、UA Arrowは、従来のアナログ録音のトーンとフィールを録音することができます。 Arrowは、ユニバーサルオーディオのバスパワーではじめてのThunderbolt 3対応がされており、そのほかの機能でも注目のオーディオインターフェイスです。



仕様

  • アルミニウム、ポータブルシャーシ
  • UAD-2ソロコアDSP
  • ゼロに近いレイテンシーパフォーマンス
  • 14個のUADプラグインが含まれています。
  • 多機能ロータリエンコーダホイール
  • 入力、ハイパスフィルター、ファンタム電源、20dBパッド、極性反転、ステップリンク用のフロントパネルのボタン
  • Thunderbolt 3接続性
  • バス電源
  • ユニゾンマイクプリアンプ
  • 高性能24/192 A / Dコンバータを備えた2つのXLR入力
  • 2(左右)モニター出力
  • 正面1/4 "ヘッドフォン出力
  • 正面1/4 "Hi-Zギター入力

ハードウェア

オーディオ・インターフェース用に常に必要とする前提条件の1つは、XLRとモニター入力が背面にある必要があります。一部のオーディオインターフェイスではXLR入力が前面に配置されているため、デスクトップ環境ではあまり実用的ではない複雑な外観になってしまいますが、UA Arrowは、Onyx Blackjackのように、スマートに主要な入力を背面に配置します。

リア接続について言えば、デュアルXLR入力、スタジオモニター接続用1/4インチ出力、Thunderbolt 3ポートがあります。

Universal AudioがThunderbolt 3をそのインターフェースの1つに組み込んだのは初めてのことです。これはうれしい追加です。

ユニット上部のディスプレイパネルに隣接して、クリック可能な多機能ロータリエンコーダホイールが置かれています。ホイールを回すと音量を調整できます。ホイールをクリックすると、プリアンプをコントロールしているときにチャンネルを切り替えることができ、モニターをコントロールするときにミュートを起動します。

ディスプレイパネルの下には一連のボタンがあります。これらの専用ボタンを使用すると、入力、ハイパスフィルター、ファンタム電源、20dBパッド、極性反転、およびステップリンクを調整できます。また、エンコーダホイールの下に専用のボタンがあり、プリアンプとモニタの制御を切り替えることができます。



ソフトウェア

Onyx Blackjackや他の "ダム"ユニットとは違って、UA Arrowはボリューム、入力、そしてもちろん様々なUAD-2プラグインからすべてをコントロールするソフトウェアコンソールと緊密に連携しています。

以前にユニバーサルオーディオ製品を使用したことがある人は、プラグインがユニットを特別なものにしていることを理解しています。プラグインには、コンプレッサー、EQ、リバーブ、プリアンプエミュレーション、ギターアンプエミュレーションなどがあります。これらのプラグインを入力に追加して、楽器の音をリアルタイムで変更することができます。

UA Arrowのハイライトの1つに、次のすべてを含む14の無料UAD-2プラグインがあります。

  • UA 610-BチューブプリアンプとEQ
  • マーシャルプレキシクラシックギターアンプ
  • 高精度遅延変調
  • 精密遅延変調L
  • 精密反射エンジン
  • 精密チャンネルストリップ
  • Pultec EQP-1A EQ(レガシー)
  • Pultec Pro EQ(レガシー)
  • 生の歪みギターペダル
  • Realverb Pro
  • Softubeベースアンプルーム8×10
  • Teletronix LA-2Aコンプレッサー(レガシー)
  • UA 1176LNコンプレッサー(レガシー)
  • UA 1176SEコンプレッサー(レガシー)

UAの別のプラグインの大きなライブラリを利用することもできます。追加のプラグインは別途購入可能です。

UA Arrowの最大の欠点は、例えApollo Twin Quad Duoよりもハードウェアの量が限られていることです。

UAD-2ソロコアDSPだけでは、ハイエンドモデルにも一応対応するプラグインの数が限られています。例えば、スタジオ環境の人やFinal Cut Pro Xのようなアプリでエフェクトとして多くのプラグインを使用する予定の人は、追加のプラグインを考慮する必要がありますが、Final Cut Pro Xは、あまり複数のプラグインをエフェクトとして使っていると問題が発生してしまいます。

ユニバーサルオーディーでは、将来的にはハードウェアを増やすだけで簡単にユニットの機能を拡張できるようなのが良いニュースです。

コンセント内で設定したすべての設定を保存、アクセス、インストールすることができます。誤って設定が変更された場合や、コンピュータを復元した場合など、いつでも設定を復元できます。

まとめ

ボイスオーヴァーフローでUA Arrowは高い評価をうけるであろう商品です。
完全なUAプラグインライブラリーへのアクセスが可能なため、一般的な音楽制作ワークフローに役に立つインターフェイスとなりそうです。