Google Backup&Syncは、GoogleフォトにHEIF画像を表示できるように修正

0
355


GoogleのBackup&Syncデスクトップアプリ(以前はGoogleドライブクライアントと呼ばれていました)は最近、いくつかの重要なアップデートを行っています。

12月には高度なファイル同期コントロール、2月にはNASサポートが追加されました。 Googleは、今回、もう1つ重要なのアップデートをリリースしまし、高効率画像ファイルフォーマット(HEIF / HEIC)の画像を同期できるよう修正しています。



Google Backup&Syncは、GoogleフォトにHEIF画像を表示できるように修正

過去のある時点で、バックアップされたHEIF画像はGoogleフォトに表示されなくなり、ドライブにしか表示できませんでした。

このバグは、iOS 11がHEIFで画像をキャプチャする機能を追加したため、主にiPhoneユーザーの問題でした。問題は修正されましたが、影響を受ける画像を再アップロードして写真に表示する必要があります。

このアップデートには、いくつかの変更点があります。変更履歴はこちらです。

  • HEIFファイルとHEICファイル(高効率画像フォーマットファイル)がGoogleフォトに表示されない問題を修正しました。ただし、以前にすべてのファイルタイプを同期していたユーザーは、Googleフォトの既存のHEIFファイルとHEICファイルは表示されません。
  • 一部のユーザーが同期のために追加のフォルダを追加できないという問題を修正しました。
  • ユーザーは、MacOSでは〜/ Libraryのサブフォルダを、Windowsでは%UserProfile%\ AppDataのサブフォルダを同期するように選択できるようになりました。ただし、〜/ Library / Application Support / Googleおよび%UserProfile%\ AppData \ Local \ Googleのサブフォルダは選択できません。
  • ウェブ上のドライブをブラウズするときにファイルを開くために使用可能なアプリケーションのリストにネイティブアプリケーションが表示されないという問題を修正しました。
  • 最近採用されたスクリーンショットをデスクトップで見るのが遅れていたmacOS High Sierraの問題を修正しました。
  • 高品質に変換できなかった写真を削除するときの応答性が向上しました。
  • Windowsの一部のユーザーに同期ステータスアイコンが表示されないという問題を修正しました。

このアップデートは4月17日にリリースされました。まだの方は、まもなく登場するかと思います。