新しいiOS /Mac iRig Stomp I / Oコントローラ、内蔵インターフェイス付き

0
424

Logic Pro Xの最新アップデートが大ヒットし、NAMM 2018の新製品が色々登場し、プロデューサーやミュージシャンにとっては忙しい週末になるそうです。

IK Multimediaが2018年のラインナップを発表しました。。エキサイティングな新しいソフトウェア製品/機能拡張と、新しいiRig Stomp I / Oを発表しています。



新しいiRig Stomp I / O

IK iRig Stomp I / OはiPhone、iPad、Mac、Windows用のiRigキーI / O、iRig Mic HD 2、iRig Pre HDなどのオーディオインターフェイスを内蔵したオールインワンのデバイスです。

新しいiRig Stomp I / Oは、ユーザーが好きなDAWに直接録音することを可能にします。オーディオインターフェイスを内蔵した最新のポータブルペダルボード/ストンプボックスコントローラとしても機能します。

この新しいデバイスは、24ビット/ 96kHz録音解像度と1/4インチ/ XLRコンボジャック入力を備えているため、ギターやベースからシンセやマイクロフォンまであらゆるものを録音することができます。

また、バランスのとれたステレオ出力、1/4インチヘッドフォンモニタージャック、およびゲインコントロール/ VUスタイルのメーターを備えたクラスAプリアンプに対応します。また、メタル・シャーシには、追加のセットアップのためのコントロール・ジャックとMIDI I / Oが装備されています。

MacまたはWindowsマシンで動作するだけでなく、MFi認定のこのコントローラは、iPhoneまたはiPad、ライトニングケーブルですぐに使用できます。

IKによれば、iOSデバイスを安全に接続することができ、使用中に充電することができ、インターフェイスを直感的に把握できる便利なデバイスベイを備えた「フロアコントローラ」となるとコメントしています。

このデバイスの真のパワーは、新しいiRig Stomp I / Oに付属する無料のIKソフトウェアとアプリの組み合わせになります。

先行予約が可能なiRig Stomp I / Oは、2018年3月に出荷され、$ 299.99からの価格になります。

IKソフトウェア

IKソフトウェアといえば、Hammond USAで5つのレスリー・アンプと6つのレスリー・ロータリー・スピーカー・キャビネットをAmpliTubeとT-RackSに連携できるよう、新しいパートナーシップを発表しました。

すべてのスピーカーキャビネットは、インパルスレスポンスレコーディングの新しいアプローチと、現在利用可能なモデリング技術の組み合わせであるIK独自のVolumetric Response Modeling™テクノロジーを使用して忠実に再現されています。ロータリースピーカーには、レスリータイプ147、122、122Aの6種類があります。