DJI Mavic Airが公式発表 ! 仕様が判明!価格は$ 799から!デモ映像あり!

0
521

新しいDJI Mavic Air ドローンがついに公式発表されました!現行のDJI Mavic ProとDJI Sparkの間の位置するドローン製品で、販売価格は799ドル(およそ9万円)から、DJI Mavic Airの仕様がすべて判明しました。多くのスペックはすでにいろいろなチャンネルを通して流出しておりましたが、その仕様が今日のイベントにより公式に公表されています。

DJI Mavic Air の紹介ビデオはこちら

イベントでもデモのイベント映像も公開されました。デモ映像はこちら!

動画中、YoutubeサイトへのリンクをクリックしてYoutubeサイトしてみてください



DJI Mavic Airについて

DJI Mavic Airは、Sparkミニドローンよりも大きくて機能が優れていますが、羽を折りたたむことができます。DJI Mavic Airの価格はSparkより699ドル高くなっています。 DJI Mavic Proシリーズと比較すると、この新しいDJIドローンは、旅行などでもち運んで、写真を撮ったり、ビデオ映像をキャプチャする際に、小型で軽量、低価格、高性能が売りのドローンとなります。 DJI Mavic Airには、パノラマ写真を撮るための特別なパノラマモードがあります。このモードでは、32メガピクセルのパノラマ写真を簡単かつ迅速に撮影できます。DJI Mavic Airは、毎秒60フレームで4Kでビデオを撮影することもできます。

この新しいDJI Mavic Airドローンは、だれもが息を呑むようなすばらしい写真や高品質のビデオ映像を撮ることができます。

DJI Mavic Airの仕様

  • 現在のMavic Proのような折りたためる4つの羽
  • フロント、ボトム、バックの障害回避センサー
  • 進化した制御、ホバリング、室内飛行のためのVPS機能、視覚的位置決めシステムを装備
  • ジェスチャーコントロール
  • 21分の飛行時間
  • 3色から選択可能(白、黒、赤)
  • DJIゴーグルとの互換性
  • 重量と寸法:重量と寸法に関する情報はまだありません
  • スピード – トップスピードもまだ不明です。
  • 飛行距離 – 新しいMavic Airは、Spark(1.2 miまたは2 km)または現在のMavic Pro(4.3 miまたは7 km)に似た飛行距離が予測されます
  • 価格 – 799ドル
  • インテリジェントフライト機能
  • デュアルリモコンモード
  • 障害回避
  • インテリジェントフライトバッテリー
  • パノラマモード
  • 1 / 2.3 CMOSセンサと新しいISP(画像信号プロセッサ)
  • 32メガピクセルのパノラマモード(32MPカメラではない)
  • 4Kビデオ仕様@ 30fps
  • 3ウェイジンバル(スパークで2ウェイからアップグレード)
  • 4Kビデオフッテージ対応
  • DJI MAVIC AIRアクセサリー


DJI Mavic Airには次のものが含まれています

  • スマートフォンに接続するためのコントローラ+各種RCケーブル
  • インテリジェントフライトバッテリー
  • バッテリー充電器
  • スペアプロペラ4台
  • プロペラガード
  • トラベルケース
  • A電源ケーブル
  • マニュアルまたはユーザーガイド

価格と在庫状況

新しいDJI Mavic Airは799ドルで販売され、今日から予約開始される予定です。 飛行時間を伸ばす追加バッテリーと、追加プロペラをオプションで付ける場合は$ 999になります。配送は1月28日から開始されます。