Miloは、タッチスクリーンとGoogle Assistantを中心とした新しいZ-Waveスマートホームハブ

0
382

私たちは、CESで、集中管理されたゲートウェイのコンセプトを手がかりにしているいくつかの企業を見てきました。 Miloはそのハブの1つで、Z-Wave PlusとZigbeeデバイスの互換性をGoogle Assistantと統合しています。



Miloは Google Assistant搭載

Miloは、Google Assistantを中心とした最初のスマートなスピーカーとホームハブとして宣伝されています。過去見たデジタルアシスタントパックスピーカーのほぼすべてが、似たフォーム形状をしています。

円形のタッチスクリーンは音声で指示できるのと、画面上のコントロールを提供している為、MiloはApple HomePodに非常によく似た外観になります。

3つのマイクロフォンと統合されたデュアルドライバスピーカーを除いて、MiloはZ-Wave PlusとZigbeeラジオもパックしていることを主な特徴としています。

Miloの特徴

Wi-FiとBluetoothの組み合わせにより、スマートホームハブは、これまで見てきた互換性のあるデバイスの中でも、最も堅牢なリストの1つになりました。また、接続されたデバイスを制御するために、使い慣れたインターフェースをベースにしているという事実は、Miloが競争上持っている最大の利点です。

もちろん、これらの機能には、通常のスマートハブやスピーカーよりも高い価格帯が付いています。しかし、驚くべきことに、Hogarの最新のハブは、手頃な価格の149ドルで発売される予定です。それは今年の第1四半期に出荷されると言われています。

Google Assistantの音声コントロールは大きなメリットですが、Miloのサードパーティサービスへの接続も強化されます。これにより、Hogarの最新のハブは、東芝の最新オール・イン・ワン・デバイスよりもはるかに魅力的です。



価格は?

低価格ポイントと機能満載の機能をすべて考慮して、Miloはスマートホームオーナーにとって魅力的な選択肢になると思われます。