Yuneec、CES 2018で初の固定翼でレーシング用のドローンを発表

0
190

Yuneecはラスベガスのコンシューマーエレクトロニクスショー(CES)で3種類の新しいドローンを紹介しました。最も注目は、2016年にリリースされたTyphoon Hの後継機であるTyphoon Hプラスです。Typhoon H Plusのほかに、YuneecはYuneec Fixed Wing Firebird FPV。予算にやさしいHDレーサーを公開しました。



Yuneec台風Hプラス

Typhoon H Plusは、プロの写真家とビデオ撮影者を対象とした無人航空機の第2版です。Typhoon カメラは、1インチの200万画素センサーと「大口径」レンズで構成されています。カメラは4Kビデオを60 fpsで撮影します。 Yuneecは、低照度性能が改善されたと主張しています。

Typhoon Hプラスには、より大きな6ローターヘクス機体があります。 Yuneecによれば、ローターは40%少ないノイズ、安定した様式で30mphまでの風で飛行することができます。Typhoon H Plusは障害回避を特徴とし、Intel RealSense技術を使用しています。 Androidベースのコントローラには、7インチの720pディスプレイが搭載されています。

価格と販売時期:Typhoon Hプラスは2018年上半期に発売され、前身と同じ1,799.99ドルで販売される予定です。