Twitterは、二要素認証でSMSの代わりにサードパーティのアプリを使用できるように

0
4


Twitterは、ログインの2要素認証をどのように処理するかについて重要な変更を発表しました。 Twitterでは、SMSの代わりに二要素認証用のサードパーティアプリを使用できるようになりました。

SMS、またはテキストメッセージベースのコードは、一般に、二要素認証をサポートするサードパーティのアプリに対して、セキュリティの点で劣っていると考えられています。キャリア固有のサービスであるSMSは、2要素セキュリティとして使用する場合に、海外にいるユーザーにデミリットとなります。

Authy、Google Authenticator、1Passwordなどのサードパーティのアプリは、通信事業者や地域とは独立して動作し、オフラインでコードを生成して二要素認証を使用できます。

TwitterではデフォルトでログインにSMSをリクエストしてきますが、代わりにサードパーティのアプリを使用するための手順は以下のとおりです:

  1. トップメニューで、プロフィールアイコンをタップし、[設定とプライバシー]をタップします。
  2. 「アカウント」をタップし、「セキュリティ」をタップします
  3. セキュリティアプリの横にあるスライダをドラッグすると、別のアプリでコードを受け取ることができます。
  4. 指示を読み、開始をタップします。
  5. パスワードを入力し、「確認」をタップします。
  6. [今すぐセットアップ]をタップして、セットアッププロセスを開始します。
  7. 設定プロセスの指示に従ってください。注:すでにオーセンティケーターアプリがインストールされている場合は、Twitterの追加を確認するメッセージが表示されます。
  8. Try it nowメッセージが表示されます。サードパーティのアプリケーションからコードを生成して入力し、[検証]をタップします。

これで、サードパーティのアプリで、ログインの確認にコードを表示して使用することができます。
この変更の詳細については、Twitterのセキュリティサポートサイトをご覧ください。