来年の6.1インチLCD iPhone、ガラスではなくメタルバッキング搭載⁉︎

0
77

先月、KGI証券のMing-Chi Kuo氏は、来年はiPhone Xのデザインで6.1インチの新しいiPhoneを発表する予定だが、OLEDの代わりに伝統的なLCDディスプレイを発表する予定だと言います。日経からの新しいレポートでは、iPhone 7とiPhone 7 Plusに似たメタルバックが登場すると報道しています。

iPhone 7からiPhone 8への唯一のデザイン変更は、ワイヤレス充電のサポートを可能にする新しいガラスバックデザインです。しかし、今年の報告書によると、来年の6.1インチiPhoneは、「いくつかの色を帯びたメタルバックの可能性が高い」と述べている。

「6.1インチのLCDモデルは、いくつかの色を帯びたメタルバック(古いiPhoneのようなもの)を盛り込んでいるだろう」と、2つのOLEDハンドセットは、6.2インチまたは6.3インチ、もう一方は5.8インチになるという。

iPhone 7には、ローズゴールド、ゴールド、シルバー、ジェットブラック、マットブラックの5種類のカラーオプションが用意されていました。一方、iPhone Xはシルバーやスペースグレー、iPhone 8はシルバー、スペーサーグレー、ゴールドのみで提供されます。

来年のiPhoneは、より手頃な価格のオプションになると予想されている。また、Appleは6.5インチ(6.5インチ)の新しいOLEDモデルを発表している(KGIは6.5インチ、日経は6.2インチまたは6.3インチ)。 AppleがiPhone 8とiPhone Xのガラスバックデザインで追加のカラーオプションを制作することは難しいと考えられています。その理由としては、今年のモデルが昨年よりも色のバリエーションが少ないからです。

このように、アルミニウムバックデザインへの移行は、コストを節約する手段となりそうです。ワイヤレス充電がサポートされているかどうかはまだ分かっていません。