Appleは来年までHomePodスマートスピーカーのリリースを延期

今年末までにホームポッドを購入しようとしているアップルユーザにとっては、悪いニュースです。 AppleはHomePodのリリース目標を2018年初頭に変更したとの声明を発表しました。HomePodは、6月のWWDCで、プレビューとして発表されました。

「家庭向けのAppleの画期的なワイヤレススピーカーであるHomePodを待つことになった事は残念なお知らせになりますが、、お客様の準備が整うまで少し時間が必要です。 2018年初頭に米国、英国、オーストラリアで出荷を開始します。」

12月から2018年初めに目標を変更すると、HomePodは1月に出荷されることになります。過去の例としては、Apple Watchは2015年初頭に約束されましたが、その年の4月までは出荷されませんでした。 Appleは同様に、1年前にAirPodのリリースを延期し、十分準備した上でワイヤレスイヤホンをリリースしました。 Appleはまだ年末までにiMac Proをリリースする予定です。

遅延の理由は共有されていませんでしたが、HomePodが使用するAirPlay 2での作業を完了することが可能です。 AmazonとGoogleの両方がすでに市場に類似の製品をリリースしており、Sonosはスピーカーを音声アシスタントのプラットフォームとしてリリースしています。

HomePodは、iPod Hi-Fi(2007年に出荷され、1年後に廃止された)以来、アップルが設計した最初の音楽スピーカーです。 HomePodは、近くのiPhone、iPad、Mac、Apple TVからのAirPlay経由で、Apple MusicからWi-Fi経由で音楽を直接再生します。 HomePodには、スマートなスピーカーになる6つのマイクアレイを使用して音声制御用のSiriが内蔵されています。

Appleは音楽再生用のHomePodのオーディオ品質を、他のスマートなスピーカーとは区別されるものとして重視しています。

ホームポッドには、深みのあるベース用の大型アップル製ウーファー、驚異的な指向性コントロールを備えた純粋な高周波音響を提供する7つのビーム形成ツイーターと、元の音声に近い形で保存するための強力なテクノロジーを持っています。

Appleの6月のHomePodは、SonosのようなワイヤレスミュージックスピーカーとAmazon Echoのようなスマートスピーカーが存在するが、同じパッケージではないと主張ししています。