iOS11.2のテストで、7.5Wの「高速」ワイヤレス充電がQi充電速度に小さな変化を確認

iOS 11.2ベータ版には、より高速の7.5ワットワイヤレス充電がサポートされています。 iOS 11の現在公開されているリリースでは、iPhone 8とiPhone Xは、5W Qiワイヤレス充電のみに制限されています。iOS11.2ベータの初期テストでは、7.5W充電器を使用した場合の充電速度の改善はごくわずかという結果が出ています。

Matt Birchlerは、iOS 11.0のワイヤレス充電とiOS 11.2のワイヤレス充電を比較しながら、iPhone 8 Plusの電池の使用率がどのように増加したかをグラフで示しました。驚くべきことに、その差はごくわずかでした。 30分後、バッテリーのパーセントはBirchlerのテストでは同じ結果となっています。

1時間後、7.5Wの充電器はほんのわずかしか先行しなかった。 2時間の終わりに、iOS 11.0のiPhone 8 Plusは40%のバッテリ寿命に達しました。

iOS 11.2を実行している同じiPhoneが、新しい7.5W Qiスピードを使用して、47%に達しており、5W→7.5Wからのアップグレードの見出しの特徴は劇的に見えるがが、実際は期待値よりはるかに少ないようです。

ワイアレス充電は便利かもしれませんがiPhoneを素早く充電しようと思っているなら、間違いなくケーブルを使うべきです。 Birchlerのチャートに示されているように、バンドルされたアップル有線充電器は2時間で80%に達しますが、29W USB-C高速充電器は2時間で100%になります。 iPhone 8は、iPhone 8 PlusまたはiPhone Xよりもバッテリーが小さいため、中程度の速さで最大バッテリー容量に達することができます。