AppleのA11X Bionicチップは、2018年第2四半期に新しいiPad Proで搭載予定?

新しいレポートでは、Appleの次のモバイルプロセッサであるA11X Bionicチップと、新しいiPad Proが登場する予定について、いくつかの詳細を共有している。

最新の噂は、中国のサイトMyDriversから来ています。
MyDriversは、あまり実績がないレポート元です。 2016年にMyDriversは、まだ発表されていないiPhone SEがiPhone 5eになる予定で、プロセッサーとRAMなどのスペックに変更はないと報告しています。これにより少し懐疑的な見方があります。

チップ名に関しては、それは過去に基づいた簡単な推測になりますが、もう少し追加の予測を共有しています。この報告書によると、A11X BionicチップはQ1の終わりに、または2018年の第2四半期にiPad Proと一緒に到着する予定で、MyDriversは3月に新しいiPad Proを見ることができると考えている。

MyDriversは、A11X Bionicチップは、TSMCの新しい7nmプロセスを使用して製造されるとも述べています。 iPhone 8とiPhone XのA11 Bionicチップは、10nmプロセスに基づいています。

A11は2つの高性能コアと4つの高効率コアを搭載したヘキサコアCPUですが、A11Xは3つの高性能コアと5つの高効率コアを備えたオクタコアCPUを搭載しています。

このレポートは正確かもしれないし、正確ではないかもしれないが、来年のiPad Proのパフォーマンスは、A11Xがす高速A11を上回ることを期待されている事を物語っています。