2018のiPhoneは、すべてFace IDを採用、Touch IDは放棄?

0
234

今夜、KGI証券アナリストのMing-Chi Kuoは新しい投資家ノートを出している。 Kuo氏は、当初Appleが指紋技術が採用されることを信じていたが、2018年のすべてのiPhoneモデルがFace IDに移行し、Touch IDを今後、採用しない可能性が高いと説明しています。

アナリストは、3Dセンシングは2018年の新しいiPhoneモデルすべての「重要なセールスポイント」となると書いている。クー氏は、現在、Appleが3Dセンシングで製造上の問題に直面しているが、TrueDepthのカメラとFace IDは、Appleが3Dセンシングの設計とスマートフォンの生産において明らかにリードしていると語る。

3Dセンシングに焦点を当てているため、Kuo氏は新しいiPhoneモデルのすべてが指紋認識を完全に放棄すると予測しています。この動きにより、Appleはセンシング技術の利点を誇示し、競合他社とは違ってフルスクリーンデザインを作成することができます。

一部の中国メーカーは、2018年にアンダーディスプレイの指紋技術を発表するかもしれないが、クオ氏は高い販売価格のためにそれを期待していない。 Androidでさえ、Kuoは、ディスプレイメーカーや背面配置の指紋技術ではなく、3Dセンシングに移行していると考えています。

先月クオ氏の報告によると、アップル社は3Dセンシングに注力しているが、同社はタッチIDから完全に離れず、インディスプレイの指紋技術にも取り組んでいたという。今週初め、Kuoはまた、iPod Proが来年、Face IDを獲得すると予測した。

現時点では、2018年にどんな種類のiPhoneが登場するのかは不明だ。一部の報告では、新しい6.4インチのiPhoneがラインナップに加わったとの報告があるが、具体的な詳細を得るには余りにも遠すぎる。