3Dセンサーの在庫不足で、2018年の初めまですべてのiPhone Xプリオーダーを達成できない⁈

台湾のサプライチェーンレポートによると、AppleはiPhone XのTrueDepthカメラモジュールで使用されている3Dセンサーに大きな収率上の問題を抱えていると主張している。

報告書が正確であれば、Appleは年末までにプリオーダーを完了することさえできないかもしれない。

日経アジアレビューでは、品質要求を満たす部品の割合である歩留まり率が予想よりも低いと報告されています。

iPhoneサプライヤーのために働いている2人のエグゼクティブは、3次元センサーパーツメーカーは満足のいくレベルの出力を達成し、彼らの歩留まり率を上げるためにまだ苦労しているとNikkei Asian Reviewに語った。

両者は、iPhone Xの発売後にAppleが大量の注文を満たすことができるかどうかを明確にすることができなかった。

以前のKGIの報告書はさらに悲観的で、この月の初めの生産は1日当たり10,000単位未満であったことを示唆しています。

台北を拠点とするアナリストは、これが依然として生産量を制限している唯一の主要コンポーネントだと語った。サムスン電子は、自社の携帯電話よりも複雑なOLEDディスプレイを生産するのに苦労しており、歩留まり率はわずか60%であったという報告がありました。

台北に本拠を置くYuanta Investment Consultingのアナリスト、Jeff Pu氏は、10月の第2週にiPhone Xの量産を予定しており、1週間後に中国から世界各国に流通させ始めると述べた。

これは、iPhone Xが計画された製造期間に入っているにもかかわらず、Appleが大量生産を検討するものにまだ達していないという以前の主張を支持する。

Puは、Foxconnが現在までに200万台のiPhone Xユニットしか製作していないと推定したが、10月には10M、そして年末には4,000万台に達すると予想している。プリペイダーが50万台を超えると予想しているため、アップルは2018年初めまでにそれらの注文を満たすことさえできないのではとの憶測がある。