iOS用Twitterアプリは、データ使用をより簡単に制御する新しい「データセーバー」機能を追加

0
77

Twitter for iOSは、今日、いくつかの新機能しアップデートされました。このアップデートにより、アプリのバージョンは7.33になり、新しいデータ管理ツール、グループメッセージコントロールなどが追加されています。



iOS用Twitterアプリは、データ使用をより簡単に制御する新しい「データセーバー」機能を追加

特に新しいTwitterデータセーバー機能は最も注目される機能です。

TwitteriOS版アプリの新しい「データセーバー」オプションを有効にすると、動画は自動再生されず、画像は低品質の解像度で読み込み、データ通信料を抑える事ができます

従来、Twitterはユーザーに自動再生とメディア品質を手動で調整する機能を提供しましたが、この新しいデータセーバー機能により、一回のコントロールでデータ管理を調整するのが簡単になりました。このTwitterデータセーバー機能は、今年初めから限定されたユーザー内でテストされていましたが、一般公開されは誰でも利用できるようになっています。

新しいデータ管理機能に加えて、今日のアップデートでは、グループのダイレクトメッセージメンバー管理が容易になり、特定のグループのメンバーを簡単に管理できるようになりました。さらに、Twitterでは、「特定の種類の広告」ラベルが優れており、世論調査、VoiceOverサポートに対する改善点が含まれています。

閲覧中のデータの使用量を減らすための「データ使用量」設定、グループメッセージに登録されているユーザーを管理する簡単な方法、VoiceOverを使用して投票とやりとりする方法の改善、ラベルの改善などが含まれます。