アップルウォッチシリーズ3のiFixitティアダウン

iFixitは、iPhone 8の解体後すぐに、LTEバージョンのApple Watch Series 3の内部をよく分析しています。

もちろん、最大の変化は、LTE機能用の新しい無線チップセットです。しかし、同社によると、アップルの新機能として、他にも1つの特長があるという。

アップル社はSeries 3を導入したときに新しい気圧高度計を宣伝していました。圧力センサーの位置は変わり、マイクの隣の通気口のスペースに位置、通気口は診断ポートの隣に移動しています。

iFixitはまた、無線アンテナもそれほど変わっていないと指摘し、AppleがすでにSeries 2でLTE機能バーに必要なものすべてを搭載していることを示唆しています。

奇妙な技術仕様の中で、このApple Watchは、まったく変更せずに機能を追加しました。ウォッチハードウェアはすでに世代のためにLTE対応していると推測されています。アンテナとディスプレイはあまり変わっていません。新しいシリコンもありますが、それはそれです。

興味深いことに、Appleは、LTEの使用によって追加の要求が加えられたにもかかわらず、新しい時計のバッテリ容量を増やしていません。

シリーズ3のバッテリーパックは1.07 Whr(272 mAh 3.82 V)で、シリーズ2の1.03 Whrバッテリーから4%増加しました。それ自体はApple Watchの0.78 Whrを32%上回りまっています。
当然のことながら、シリーズ3の修理可能性評価は前と同じですが、それでもなお6/10と印象的です。同社は、スクリーンとバッテリーの交換が可能であると言い、「信じられないほど細かく壊れやすい部品」の影響で大部分が失われやすいと言います。