iOS 11コントロールセンターでBluetoothとWi-FiがOffにならない問題は危険!

iOS 11コントロールセンターでBluetoothとWi-FiをOFFにしても、完全にOFFにならないことが問題となっています。ここでは機能を無効にするのではなく、単に現在接続されているデバイスとの接続を切断し、自動接続機能をキャンセルして直ちに再接続を停止するだけになっています。

セキュリティ研究者のAndrea Barisani氏は昨日この問題についてつぶやきました。それ以来、さまざまなサイトで取り上げられています。

Barisaniは、コントロールセンターが何をしたのかがユーザーにはっきりしていないと述べています。ワイヤレス接続を使用しないときは設定から機能を無効にすることをお勧めしました。一部のBluetoothでは、ユーザーの操作なしにデバイスが侵害される可能性があります。

他のセキュリティ研究者は、アップルのアプローチは、ユーザが何が起こっているのかを理解するには直感に反しすぎると言います。

バグとして記述されているものもあれば、誤解を招くものもありますが、今回は、アップル社の意図的なものでした。同社は、コントロールセンターを使用する最も一般的な理由は、機能を完全に失うのではなく、現在のデバイスとの接続を強制的に切断することだと指摘しています。アップルのサポート文書にはその根拠が説明されています。

iOS 11以降では、コントロールセンターのWi-FiまたはBluetoothボタンを切り替えると、デバイスはすぐにWi-FiおよびBluetoothアクセサリから切断されます。 Wi-FiとBluetoothの両方が引き続き利用できるため、引き続き次の機能を使用できます。

  • AirDrop
  • AirPlay
  • アップルペンシル
  • アップルウォッチ
  • ハンドオフやインスタントホットスポットなどの連続性機能
  • インスタントホットスポット
  • 位置情報サービス

もちろん、設定で接続をオフにしたり、モバイルサービスを無効にしたい場合には飛行機モードで切り替えができます。

そしてもう1つ不思議なことがあります。設定で接続を切っても、Appleは両方の無線接続システムを5時に復旧させます。これは、ユーザーが接続を切ったことを忘れてしまったために、デバイスが翌日接続しないことを防ぐためです。気づかないうちに携帯通信料がかかっていることを防ぐためでしょうか。厄介な仕様となっています。