アップル、iPhone Xのデモで、Face IDが「失敗」したときに何が起ったか説明

AppleはFace IDの最初のデモが計画どおりに行なわれなかった時、何が起こったのかを正式に明らかにしました。多くの人が「失敗」と呼ぶには早かったが、一度、認証できなかった状態があった。 AppleはYahooへの声明で状況を説明した

AppleはiPhone Xデモ機がCraig Federighiのデモテーブルでセットアップされる前にいくつかの人々によって使用されていたと説明した。 Face IDは、デバイスを取り扱った全員の顔を認証しようとしましたが、失敗し、iPhone Xはパスコードを要求する方へ移行していました。その後、FederighiがFace IDのデモを行ったとき、iPhone Xはすでにパスコードモードになっていましたと言います。

アップル社の担当者がこの惨事について語ったことは次のとおりです。

事前にステージデモ用のデバイスを取り扱っていた人物は、顔認証を試みていたことを認識していませんでした。何度も失敗した後、彼らはクレイグではなかったので、iPhoneはパスコードを要求するような状況になった。つまり、「Face IDは設計通りに機能した」と言います。

最終的に、最初のデモモデルでは、Face IDが設計されたとおりに機能していました。タッチIDと同様に、顔認識でFace IDを認証できない場合は、顔認識を再試行する前にパスコードの入力を求めます。

ここで、一つきになる状況としては、

iPhone Xに他の人が何度か覗きこんでしまうだけで、パスコードロックがかかってしまうことかもしれません。