アップル、iPhone Xを発表!! 全く新しいデザイン、OLEDスーパーレティナディスプレイ、フェイスID

アップル社は誰もが待っていた新しいiPhone、iPhone X(10と発音)を正式に発表した!新しいモデルは、灰色と銀の2色で利用可能です。新しいスーパーレチナディスプレイはフルスクリーンデザインの5.8インチOLEDディスプレイを採用しています。

Apple TV 4Kのように、iPhone XはHDRとDolby Visionをサポートしています。また、本日発表されたiPhone 8やiPhone 8 PlusのようなTrue Toneもサポートしています。

[ホーム]ボタンが削除され、 Tap to Wake機能が追加されました。 Raise to Wakeを使用してディスプレイの下からスワイプしてiPhoneのロックを解除するか、ホーム画面に戻ることもできます。スワイプして一時停止して、マルチタスキングに入ることができます。

SiriはHey Siriまたは新しい大きなサイドボタンで呼び出されます。タッチIDは新しいFace ID認識機能で置き換えられます。Face IDは新しいTrue Depth カメラシステムに依存します。この機能は暗闇でもiPhoneのロックを解除します。

iPhone XはパワーIDに役立つ特別なニューラルエンジンを搭載した新しいA11 Bionicチップを搭載しています。アップルは、写真、マスク、メイクによってFace IDを偽装することはできないとし、帽子やひげやメイクを使って実際の外観を変更してもFace IDは機能しません。アップルは、すべての処理がローカルで安全に完了していると言います。この機能は、目が開いていて、注意を払って離れていないときにのみ機能します。

セキュリティ面では、タッチIDには1万5千の統計情報が含まれています。Face IDは100万分の1でそれを上回る。 Face IDは、Apple Payと新しいサイドボタン、および既にTouch IDをサポートしているアプリで使用されます。

iPhone Xはまた、アップルの新しいAnimoji機能に顔認識機能を使用しています。これは、顔のトラッキングを使用して、表現力豊かな音声と声をキャプチャして、アニメートされた絵文字を送信します。

デモ時間:Craig FederighiがFace IDのロックを解除してデモを開始します。 Appleのすべてのアプリは、新しいSuper Retina Displayで全画面表示に更新されました。コントロールセンターにアクセスするには、右上隅からスワイプします。

iPhone Xには、デュアル12MPセンサーが搭載されており、デュアル光学式の画像安定化機能を備えています。 iPhone 8 Plusのポートレートモードとポートレート照明の両方をiPhone Xでも利用できます。iPhone Xのフロントフェイスカメラは、ポートレートモードとポートレート照明もサポートしています。

iPhone Xは、iPhone 7よりも電池寿命が2時間長くなっています。ワイヤレスQi充電はガラスバックでも可能です。 Appleはまた、iPhone 8またはiPhone X、Apple Watch Series 3、およびオプションの新しいAirPod充電ケースを充電するAirPowerという新しい充電マットを発表がしました。 AirPowerは来年にリリースされます。