MicrosoftがAIとクラウドに力を入れている中、Windowsの担当チーフが退社

0
117

 

マイクロソフト社は、同社のWindowsオペレーティングシステムを新たな方向に押し進めるため、大きな再編を発表している。マイクロソフト社は、人工知能とコアWindows OSのコンポーネントを1つのチームに統一しようとしていますが、Windowsの担当チーフであるテリー・マイヤース氏が退社することとなりました。



Windowsの担当チーフが退社後の新しい体制

MicrosoftはWindowsを2つのチームに分けている。 Windowsプラットフォームチームの中核は、現在MicrosoftのAzureクラウドプラットフォームを担当しているScott Guthrie氏です。 MicrosoftのAIプラットフォームの作業もこのチームに移行する予定です。 一方、Harry Shum氏は、将来のMicrosoft製品で使用できる技術的進歩に焦点を当てたAI + Researchのエンジニアリングチームを引き続きリードしていきます。

マイクロソフトでは、ラップトップやデバイス、ファーストパーティのアプリケーション、Office 365、Surfaceハードウェアに見られるWindowsクライアントのリリースを見据えた「エクスペリエンス&デバイス」という別の部門も作成しています。

テリー・マイヤース氏が数ヵ月後に退社するため、以前はOfficeのエグゼクティブだったRajesh Jha氏がこの新しいチームを率いています。このチームはWindowsプラットフォームのコアコンポーネントを管理しませんが、Windows 10シェルのようにその上に表示されるものを処理します。これは、Windowsの将来のビジョンの一部です。ハードウェア上で動作する巧妙なモードでになります。

ハードウェアといえば、Microsoftのサーフェイスチーフ、Panos Panay氏は、現在、SurfaceやHoloLensのようなファーストパーティのデバイスのMicrosoftのチーフプロダクトオフィサーです。 Joe Belfiore氏も、WindowsおよびWindowsの主要なチームの下に残り、PCおよびデバイスのエクスペリエンスを実践しています。