「iPhone 7s」ダミーモデルは、噂されているガラスバックデザイン⁈

0
53

アップルのチップセット担当者、ソニー・ディクソンから情報提供があり、写真には、今年発売予定の3つの新しい携帯電話の1つである「iPhone 7s Plus」の模造モデルが描かれています。マーケティングブランドは不明ですが、 ‘7’デバイスは現在のiPhone 7とiPhone 7 Plusシャーシで繰り返されています。

1つの違いは、このダミーモデルが取り入れているガラスバック(アルミニウムではなく)です。iPhoneは誘導充電をサポートすると考えられています。

2017年のiPhoneのサイクルの注目の大部分は、全く新しいシャシーデザイン、エッジツーエッジのOLEDディスプレイ、その他多くのプレミアム機能を搭載したiPhone 8にあります。

しかし、そのデバイスに加えて、アップルは現在のiPhone 7シリーズにアップグレードを表す2つの新しいiPhoneモデルを発表する予定です。仕様は、A11プロセッサーを搭載し、パフォーマンスを向上させ、おそらくベースモデルのストレージバンプを64GBにすることを期待されています。

主な新機能は「ワイヤレス」インダクティブ充電で、ユーザーは従来のライトニング・ケーブルではなく、新しい誘導充電器パッドでiPhoneを充電することができるようです。外部では、iPhone 7sとiPhone 7s Plusの両方にガラスバックが搭載される噂があり、リアケースに穴を開けることなく誘導充電を可能にします。

新しい写真では、光沢のあるガラスの背面を見ることができます。アンテナバンドもこのダミーの中に完全に入っているように見えます。ガラスはアンテナ信号が自由に通過できるのに対し、アルミニウムは信号の大部分を遮断します。

Appleは9月のメディアイベントで3つの新しいiPhoneを発表する予定です。 OLEDのiPhoneは今年後半に、おそらく10月下旬に発売されるとの報告は多いが、アップル社が3つの携帯電話を同時に発表することはほとんど間違いないようです。 iPhone 7sとiPhone 7s Plusは、9月中旬に出荷予定です。