HomePodファームウェアで、iPhone 8の正面デザイン&FaceIDサポートが流出⁈

0
479

先週、AppleはHomePodのファームウェアの最初のビルドをリリースし、開発者がコードを解析し、HomePodに関するいくつかの詳細を見つけることができました。開発者Steve Troughton-Smithは、今後発売予定のiPhoneがフェイスロック解除をサポートすることを明らかにするコードを発見した。

スミス氏は、このコードはTouch IDを担当するフレームワークであるBiometricKitに赤外線フェイスロックが存在することを示していると説明しています。このコードはさらに、アップルのフェイスロック解除機能が、顔を様々な角度から検出できることを示唆している。プロジェクトのコードネームはPearl IDのようです。

フェイスロック解除は、iPhone 8の長く噂されている機能であり、Touch IDを完全に置き換えることができるということも示しています。顔のロック解除の可能性について懐疑的な意見もありますが、Appleのフレームワークは、顔の画像や顔の3Dモデルなどのチェックを含む、高いセキュリティレベルを満たしているようです。

Face ID以外に、HomePodコードではiPhone 8のデザインを確認できています。Smithによればこれを検証するのは少し難しいようですが、レンダリングイメージがHomePodファームウェアでは隠されていました。具体的には、画像はApple Payの認証を処理するフレームワークに埋め込まれていました。

画像はコアアニメーションアーカイブファイルの形式で保存されていました。これは、アップルがどのような解像度の画像でも表示できるようにベクトル画像を保存する方法です。このコードでは、iPhone 8のコードネームも「D22」と表示されています。

iPhone 8が発表された後確実になるかもしれませんが、HomePodファームウェアは、デバイスの機能やデザインの一部を明らかに提供しています。もっとも興味深いことに、iPhone 8の画像は、Appleが正面向きのカメラや他のセンサーのために最高の「ノッチ」カットアウトをどのように処理するかを示しています。レンダリングイメージがいくつかの異なる形で「ノッチ」デザインを描いており、論争のポイントでした。