最終のiPhone 8レンダリング⁈ センサー周りにシームレスなステータスバー

噂のiPhone 8は新しいエッジツーエッジディスプレイを導入する予定ですが、ノッチのようなセクションがスピーカーとカメラセンサーを最前面に囲むことが予想されています。フォーブスが発表した新しいiPhone 8レンダリングでは、iOSがこのスペースを使ってステータスバーをシームレスに統合できるようになった言います。

Forbesの貢献者であるGordon Kellyは、ノーデス社のケーススタディを通じてサプライチェーンの情報源を挙げて、5.8インチディスプレイの周りのベゼルが両側に4mmの大きさであると具体的に主張している。 Kellyは、他のユーザーが以前にトップレベルのエリアを統合しているステータスバーについて予測していることについて述べています。

未確認のまま残っているのは、正面に向いているカメラとセンサーを収容するために、ディスプレイ上部をAppleがiOS 11でどのように再設計するかである。

付属のレンダリングでは、iPhone 8がどのように一番上のノッチ領域を切り出しているかを確実に示しています。

KellyとNodusは、Touch IDがどのように統合されるかについてはっきりしていませんが、右側の電源スイッチの可能性が高く、Touch ID機能になる可能性が高いと確信しています。

しかし、今月初めに、AppleがTouch IDを顔認識機能で完全に置き換えることを検討しているとの報告がありました。劇的に縮小されたベゼルが現在のタッチIDセンサーをサポートすることができず、スケールでセンサーを画面に統合することがまだ不可能であるように思われます。