Google Play Protectは、Playサービスで「アプリの確認」を再設計して導入を開始

I / O 2017で発表されたGoogle Play Protectは、Android搭載デバイス向けの既存のセキュリティサービススイートのリブランドです。ある声明で、GoogleはPlay Servicesアプリで今日公開開始しており、まもなくPlayストアに登場すると述べています。

既存のプロテクションと比較して、プレイプロテクトはユーザにとってより明らかになり、提供しているセキュリティをより明確に強調します。

Google Playサービスで長く利用可能なアプリの確認機能は、バージョン11以降のProtectブランドでブランド変更されました。 [設定]> [Google]> [セキュリティ]> [アプリの確認]の順にアクセスすると、機能の仕組み、最近スキャンしたアプリの一覧、および完全に無効にするための切り替えが簡単に表示されます。

Google Play Protectは定期的にアプリやデバイスの危険な動作をチェックします。

検出されたセキュリティリスクについて通知されます。

一方、Playストアの[更新]セクションにある[Play Protect]ステータスは引き続き公開されています。 I / Oに示されているように、最後のスキャン時間に加えて、インストールされたアプリの手動再スキャンを開始するボタンがあります。個々のアプリのリスティングには、すぐに「安心してGoogle Play Protectで保護」バッジも追加されます。