Amazonの次のEchoはHomePodと同等の音質

HomePodの音質は、スマートなスピーカーデバイスのマーケティングにおいて、AppleがWWDCでAmazon Echoと比較し重要な焦点となっています。しかし、HomePodは年末までリリースされない予定です。

Engadgetのソースによると、次のechoには内部に複数のトゥイーターが含まれているため、音が劇的に改善されるとのこと。また、このデバイスは、現在のEchoよりもHomePodのような容姿で、硬いプラスチックのシリンダーを「布のような」丸いシェルで包んだ形状になっているとのことです。

Engadgetによると、これはEcho DotやEcho Showのようなラインに新たに追加されたものではなく、メインのEcho製品の新しいバージョンとのことです。

このレポートには、音質が向上した無線ホーム・ミュージック・システムであることに加えて、デバイス内のマイクを改善すると述べています。

フォームファクタは賢明で、新しい丸いシャーシは、9インチの高さにある現在の世代のモデルよりもスリムで短くなります。このレポートでは、4つのエコードットが重なり合うように見えることが大まかに説明されています。

これとは対照的に、HomePodは約7インチの高さと6インチの幅で、エコーシリンダよりも短くて太い形状です。

Engadgetによると、新しいEchoの価格はどうなるか分からないが、Appleの製品より安くなるとは言い難いと言います。現在のEchoは180ドルで販売されています(ただし、年間を通じて様々な割引価格で販売されています)。 AppleのHomePodは、12月に発売されると349ドルの費用がかかります。