iPhone 8は、AR機能とカメラの改善のために、背面に3Dレーザーを搭載?

過去に何度も言われてきたように、ARKitはおそらく最も明白な兆候ですが、アップルはさらに、拡張現実に向けてオールインで挑んでくるかもしれません。今年の後半にiPhone 8が登場すると、高度なAR機能が搭載されることになる様です。Fast Companyは、デバイスがARやその他のカメラ技術を支援するために、背面に3Dセンサーを搭載すると報告しています。

この報告書によると、アップルの3Dレーザーシステムセンサーは、iPhone 8が拡張現実感をより深く検出することを可能にすると説明しています。これにより、ARKitアプリケーションの精度を高め、テクノロジーをより強力にするのに役立ちます。

ARの利点に加えて、3Dシステムは「より正確な写真撮影のためのオートフォーカス」を行う様です。

具体的には、AppleはVSCELレーザーシステムをiPhone8に使用していると言われています。

VCSELレーザシステムは、光がレーザからターゲットに移動してセンサに戻る距離を計算し、飛行時間(TOF)測定値を生成します。システムは、光源(VCSELレーザー)、レンズ、検出器(センサー)、およびプロセッサーで構成されています。すべては電話1台あたり約2ドルの費用がかかります。

本質的に、レーザーは物体からはね返る光のビームを送り、各物体の深さを識別するのに役立ちます。カメラ技術では、レンズは視野の特定の側面に焦点を絞ることができます。

今晩のレポートは、iPhone 8の噂をよく耳にする人にとってはあまりにも驚くべきものではないかもしれません。デバイスは、先進の拡張現実感機能を備えていると長らく言われています。しかしFast Companyには、技術の仕組みに関するいくつかの詳細と技術的な説明が追加されています。

先週、iPhone 8の潜在的な遅れを証明するいくつかの報告がありました。この3Dレーザーシステムが装置に間に合うかどうかについては、未確定の中で報道されています。今日のレポートによると、「アップルのエンジニアがレーザシステムを電話機に組み込むことの進歩」は今年になるか、来年になる可能性があるとのことです。