iPhone 8のTouch ID未だに未確定。このままだとTouchIDなしで出荷か?

Barron’sは、AppleがまだiPhone 8の認証計画を確定していないと主張しており、タッチIDモジュールをディスプレイに組み込むかどうかを決定するのに「ほんの数週間」しかないとみています。

Hargreaves氏は次のように述べています。「新しいOLEDのiPhoneが遅れるか、フィンガープリントセンサーなしで出荷される可能性が増し、ユニット販売のリスクが増大する可能性がある」

このレポートではさらに、主要なiPhoneがApple Payをサポートせずにリリースされることも示唆しています。

Barron’sの記事は、3人のKeyBancキャピタルマーケッツアナリストのレポートに基づいています。

私たちは、顔認識が最初はApple Payの受け入れ可能な確認方法として認定されるとは考えていません。アップルは時間の経過とともにこれを達成することができますが、Apple Payが最初に対応しない可能性は、需要に悪影響を及ぼす可能性があります。

アナリストは、Appleが引き続き内蔵のTouch IDを使いたいと考えており、今月中に報告された信頼性の問題を解決することを目指し、10月下旬または11月初めに新しいiPhoneの可用性を潜在的に押し上げる可能性がある。

以前は遅延が想定されていましたが、Appleがまだこの段階でデバイスの設計を確定していない可能性は非常に低いようです。さらに、Apple PayをサポートせずにトップクラスのiPhoneを立ち上げるというアイデアは、信頼性の高いものになってきています。