iBusツールを使用してApple Watchのitunesからの復元するビデオ

iBusを使用すると、ユーザーはApple Watchのメンテナンスポートに接続してMac上のiTunesと接続することができます。その作成者であるMFCは、iBUSがそのようなツールとしては初めてのものだと語ります。ビデオでは、@alixrezaxがiBusを使用してApple Watch復元プロセスを最初から最後まで順に実行しています。

アップルウォッチリストアに採用されている公式のデバイスとは異なりますが、ツールの前提は同じです。 Apple WatchがMac上で実行されているiTunesと通信でき、。そこから、Apple WatchをDFUモードにすることができます。DFUモードは、iPhoneにDFUモードを入力するのと同じプロセスです。

ビデオで示されているように、Apple WatchでDFUモードに入るには、Digital CrownとSideボタンを10秒間押し続けてから、Digital Crownを押したままサイドボタンを離す必要があります。

これらはすべて、iBusとLightningケーブルを介してMacに接続して実行します。 iTunesはApple WatchがDFUモードであることを認識し、復元用のIPSWファイルを選択するように求めます。

この方法を使用する際の主な問題は、AppleがApple Watch IPSW全体を公開することはできず、復元するときにファイルを選択するよう促すメッセージが表示されることです。

したがって、他のソースからダウングレードを実行するために必要なファームウェアファイルを取得する必要があります。上記の動画例では、AlirezaのYouTube動画の説明にいくつかのファームウェアファイルが含まれていました。

iBusツールには、元のApple WatchとSeries 1モデルで動作するS1バージョンと、Apple Watch Series 2モデルで動作するS2バージョンの2種類があります。 iBusの価格はそれぞれ100ドルと120ドルで、MFCのウェブサイトから購入することができます。

新しいApple Watchソフトウェアを素早く試す人として、以前のバージョンのwatchOSに戻って復元することは個人的には便利だと思います。それでも、iBusはほとんどのApple Watchユーザーが必要とするツールではないかもしれません。

https://www.mfcbox.com/shop/