KGIレポートでは、iPhone 8のTouch IDはまだ疑わしい見解

KGIのMing-Chi Kuo氏はAppleに関して実績のあるアナリストです。アップルのサプライチェーン企業との密接なつながりがあり、新製品に何が出るか、そうでないのかを判断すできるレポートを出してきています。

しかし、良い実績を残しつつも、毎回正しいとは言えず、iPhone 8がTouch IDを完全に削除するという最新のレポートは少し懐疑的です。

Philip Elmer-DeWittは昨年Kuoの信頼性を詳細に見積もったが、全体としての信頼性は44%であった。

今回はクオも間違っていると思う2つの理由があります。

まず、AppleがTouch IDをドロップする正当な理由はありません。同社が画面に埋め込まれたバージョンで供給の問題にぶつかっている考えています。 Appleは、確実にプロトタイプで実現しているが、量産には信頼できないという考えは、あっているかもしれません。

しかし、Appleが実際のディスプレイに指紋センサーを埋め込むことができないという理由だけで、それをすべて削除する理由はありません。確かに、それを携帯電話の背面に移動するのはひどい考えです。アップルはすでに電源ボタンに埋め込こむという特許を持っています。

技術的に厳しい場合は、指紋センサーを画面の一部に見せかけるようにする方法もあるかと思います。

2016 MacBook Proのタッチバーを見てください。一見すると、これはキーボードの全幅を走る単一のOLEDストリップです。近くに見ると、タッチIDボタンは、タッチバー自体の横にある物理的なボタンです。周囲と調和するように設計された別の物理的なボタンです。

これは、iPhone 8が電話の前面の一部であるが、メインディスプレイの一部ではない画面の下に「機能」領域を用いれば、Kuo氏自身の報告と完全に一致します。