AppleがiPhone 8にOLEDを採用すると、2020年までにスマートフォンの50%で使用される見込み?

iPhone 8でOLEDスクリーンを使用するというAppleの決定は、他のスマートフォンメーカーの採用を大幅に加速するだろうと、Trendforceのレポートは述べている。同社のWitsView部門は、2020年に導入が50%に達すると予測しています。

この予測は、新技術について「Apple効果」を強調しています。

Appleは一般的に新しい技術を採用する最初のものではありません。これは通常、最初に市場に出すのではなく、後で最高の製品を生産することを目指しているとみています。mp3プレーヤーからスマートウォッチまで、これまでに他のものが最初に発売されたが、その後Appleが市場を支配してきました。

より小さなスケールでも同じ効果が見られます。アップル製品に登場する技術やデザイン要素は、他のメーカーの「必須」機能と見なされる傾向があります。スマートフォンのデュアルカメラは最近の一例です。

WitsViewのリサーチディレクターのBoyce Fanは、この効果は既にOLEDで見られていると述べています。

Appleの動きは、競合他社の注目を集めています。次のiPhoneの仕様が明らかになり、他のスマートフォンブランド向けのAMOLEDディスプレイの普及が加速しました。パネルメーカー、特に中国出身のパネルメーカーは、急速にAMOLED製造能力を増強しています。

その結果、一部のディスプレイメーカーは生産計画を変更してしまったという話もあります。

BOEとTianmaは、LTPSパネル生産用に新規に建てられた施設をAMOLEDパネル工場に転換して、彼らの工場計画を変更した。 2つの大手パネルサプライヤーがそれぞれのAMOLEDファブに機器を取り付けると、今年下半期に試作を開始すると言います。

しかし、ディスプレイ企業にとっての課題の1つは、OLED製造に必要な主要機器が不足しており、サムスンは独占しているということです。

現在、Canonの子会社Tokkiが製造しているGen-6ハーフカット機は、市場で最も需要の高い蒸発システムです。しかし、Tokkiの機器は、Tokkiの優先顧客がSamsung Displayであり、Apple社の製品であるため、市場供給の面でも非常に限られています。

しかし、LGは主要なプレーヤーになると予想され、初期の生産はApple以外の顧客を対象としています。一方、Appleは、iPhoneディスプレイ専用のLG OLED生産ラインへの投資を通じ、自社製品を確保していると伝えています。