Googleニュースは、単純化されたナビゲーションなど読みやすく改善

Googleニュースは、読みやすさと簡略化されたナビゲーションに焦点を当てたウェブ上での大規模なデザイン変更を行っています。機能面では、よりパーソナライズされていますが、異なる視点や事実チェックを強調表示するなどを行なっています。

マテリアルデザインを活用することで、Webアプリケーションはより広いスペースでよりきれいに見えます。ストーリーはカードとして表示され、出版社名、記事ラベル、画像などの重要な要素が表示され、視認性が向上しました。また、アルゴリズムが改善されているため、動画もカードで強調表示されます。

カードを展開すると、同様の記事や意見が表示されます(オピニオンの部分、ローカルソース、およびMost Referencedなど)。また、記事の詳細を読むための「フルカバレッジ」ページへのショートカットもあります。

WorldやBusinessのようなセクションには、専用の左ナビゲーション列にアイコンが表示されるようになりました。あなたの興味や過去の検索に基づいたカスタマイズされたトピックもここに表示されます。

最も右側の列には、通常の天気予報と「ニュース」のトピックを含むいくつかのウィジェットがあります。また、最近校正された記事をリストするファクトチェック「ブロック」もあります。

一方、新しいタブインターフェースを使用して、Headlines、Local、For Youによって各セクションをさらに絞り込みます。後者はユーザの興味に基づいており、興味のある記事の「ミニニュースフィード」を作成します。

最後に、設定が改訂され、カスタムセクションを追加、既存のセクションを編集するための集中化された場所になりました。このアップデートは公開され始めており、今後数日間に世界中で利用可能になります。