iOS 11パブリックベータ版をインストールする方法!

iOS 11のパブリックベータ版がついにリリースされました!iOS 11をインストールするためにアップルの開発者である必要はありません。パブリックベータプロセスは、早期のテストドライブで、ソフトウェアを使用したいと思っている人にとって、最適なプロセスです。このチュートリアルでは、対象となるiPhone、iPad、またはiPod touchのiOS 11のインストールプロセスを段階的に紹介します。

端末はiOS 11パブリックベータ版でも動作しますか?

すべてのiOSデバイスがiOS 11で動作するわけではありません。サポートされているデバイスのリストです:

iPhone

iPhone 7

iPhone 7 Plus

iPhone 6s

iPhone 6s Plus

iphone 6

iPhone 6 Plus

iPhone SE

iPhone 5s

iPad

12.9インチiPad Pro第2世代

12.9インチiPad Pro第1世代

10.5インチのiPad Pro

9.7インチのiPad Pro

iPad Air 2

iPad Air

iPad 5世代

iPad mini 4

iPad mini 3

iPad mini 2

iPod touch

iPod touch第6世代

デバイスのバックアップ

Appleは、iTunesを使用してデバイスをバックアップし、そのバックアップを保管して保管することを推奨しています。開発中のソフトウェアを使用しているiOS 11をインストールすると、バグが発生する可能性があります。可能であれば、iOS 11ベータ版をプライマリiPhoneまたはiPadではなくセカンダリデバイスにインストールすることをおすすめします。

重要:バックアップにヘルス&アクティビティデータを保持するためにバックアップを暗号化する必要があります。

iOS 11パブリックベータ版のインストール方法

ステップ1:対象のiOSデバイスからSafariを使用して、Appleのパブリックベータウェブサイトにアクセスします。

ステップ2:サインアップボタンをタップします。

ステップ3:Apple IDでApple Betaプログラムにサインインします。

ステップ4:契約ページの右下にある承認ボタンをタップします。

ステップ5:iOSタブをタップします。

ステップ6:iOSデバイスのリンクを登録します。

ステップ7:[プロファイルをダウンロード]ボタンをタップします。

設定アプリのプロフィールエリアが開きます

ステップ8:プロファイルのインストールページで、右上隅のインストールをタップします。

ステップ9:[同意する]ページで[インストール]をタップします。

ステップ10:ページの下部にあるインストールボタンをタップします。

ステップ11:「再起動」をタップしてiOSデバイスを再起動します。

iOSデバイスは、iOS 11パブリックベータプロファイルがインストールされた状態で再起動します

ステップ12:デバイスをリブートしたら、設定→一般→ソフトウェアアップデートに進み、アップデートの確認が表示されます。

ステップ13:ダウンロードとインストールボタンをタップします。

ステップ14:[利用規約]ページの右下にある[同意する]をタップします。これにより、ダウンロードプロセスが開始されます。

ステップ15:ダウンロードが完了したら、「今すぐインストール」をタップしてインストールを開始します。

iOS 11パブリックベータ版のインストールは、実際にはかなり簡単なプロセスです。ほとんどの手順では、更新を確認するためのタップだけですみます。一般に、ワイヤレスネットワークの速度にもよりますが、インストールプロセスには約20分かかります。