Googleは、スタンドアロンのARヘッドセットにカメラと音声入力機能を開発

0
467


今月初め、最初のスタンドアローンデイドリームヘッドセットをリリースした後、GoogleはARヘッドセットの開発に取り掛かっていると伝えられています。



Googleは、スタンドアロンのARヘッドセットにカメラと音声入力機能を開発

今回のレポートは、今月初めにPixelスマートウォッチの詳細と明確な仕様をリークしたドイツの出版社WinFutureからのものです。リークされた情報によると、GoogleはA65というコードネームの「スタンドアロンARヘッドセット」の開発に取り組んでおり、興味深いことにQuantaとパートナーシップを組んでいるといいます。

Quantaは以前Pixel Cを作成していましたが、クアルコムQCS603を搭載したデバイスには、コードネーム「SXR1」のチップセットが搭載されていました。このARデバイスは、Googleが提供するMagic Leap Oneで、ベルトに装着されたパック型コンピュータに物理的に取り付けられています。

他の詳細はあいまいで、デバイスにはカメラセンサーとマイクが搭載されており、音声制御が可能だといいます。スタンドアローンのデイドリームが2つのカメラを使って自由度が高いWorldSense位置追跡技術に力を入れているかを考えると、以前のコンポーネントの存在は興味深いポイントです。

WinFutureによると、今年初めにパートナーとの議論が始まったばかりで、リリースはまだまだ遠いものとみています。