Macマルウェアは増加を続けているとMcAfeeが報告

マカフィーは、昨年のMacマルウェアの増加が今年も続いており、第1四半期のみで53%成長したと語っています。検出されたマルウェアのインスタンスの総数は70万を超えています。

まず、マカフィーはアプリではなくインスタンスを測定しています。 1万のMacで1つのマルウェアを検出すると、10,000インスタンスとして記録されます。

次に、マカフィーはこの数字が「アドウェア」で増えていることに気付きました。アドウェアはブラウザや他のアプリに広告を表示され面倒なものですが、一般的にデータに脅威は生じません。

最後に、検出されたMacマルウェアのインスタンスは、Windowsマシンで検出されたもののわずか1%に過ぎませんでした。ここでは、合計7億ドルが発生しました。これは、macOSの数がより小さく、プラットフォームがより厳格な保護機能を内蔵しているからだと思われます。 Appleはマルウェアが検出されたときに一般的にセキュリティアップデートを迅速に対応します。

これは、Macユーザーは安心していいというわけではありません。Macマルウェアの厄介な部分もあります。いつものように、最も安全なコースは、Mac App Storeと信頼できる開発者からのソフトウェアのインストールだけです。