傾きのあるブレードを備えた、ヘキサコプターはどんな方向にも飛行可能

ドローン航空機の黄金時代に来ています。絶えず拡大しているドローン製品で、最新のものは、個々に傾けられた軸を持つ六角型のステックで、あらゆる方向に飛ぶことができるVoliroです。完璧に制御されたまま、スピンアップとスピンを実現できる素晴らしいものです。

スイス連邦工科大学(Swiss Federal Institute of Technology)とチューリッヒ芸術大学(Zurich University of the Arts)の11人の学生チームがVoliroを製作しました。彼らはこれまでプロジェクトに9ヶ月を費やし、飛行航路を文書化しました。彼らは将来ドローンに無指向性の球体を追加し地面を転がり回すことができます。

通常のドローンを巧みに操縦することが難しいことを考えると、Voliroを上手に飛行させるには多くの練習が必要かもしれません。このプロトタイプが市場に出るのかどうかは不明ですが、出てくることが楽しみです。