Appleは、iPhoneを医療情報を「ワンストップショップ」に変えるため秘密のチームを形勢

iPhoneとApple Watchに健康追跡機能を拡張し続ける中で、Appleが健康産業への関心が高まっていることは明らかです。今、CNBCからの報告によると、Appleはすべての医療記録情報のため、iPhoneを「ワンストップショップ」に変えようとしていると主張している。

このレポートによると、アップル社は医療機関内に開発者、病院、その他の業界団体と協力し、臨床データをiPhoneに統合するため、秘密のチームを持っていると説明している。詳細な検査結果やアレルギーリストなどの情報が含まれている可能性があります。情報がiPhoneに保存さるため、病院、健康追跡アプリケーション、専門家など、誰と共有するかを選択することができます。

この分野での取り組みを強化するため、アップルはクラウドホスティングの分野で企業買収を検討していると言われています。そのような買収は、Appleが安全な方法で健康データを管理する方法を得るために役立ちます。

アップルは、報告書によると、断片化した健康データの問題を解決するために取り組んでいる健康IT業界グループのメンバーと「議論に入っている」と述べている。

これには、健康情報のオープンスタンダードの採用を促進する民間セクターイニシアチブである「The Argonaut Project」と、患者に自らの医療データを管理する中心的役割を果たす組織「The Carin Alliance」が含まれます。

The Carin Allianceとの主要な会談はAppleのソフトウェア技術担当副社長Bud Trribble氏と行われています。 Tribbleは、訓練を受けた医師として医療業界のバックグランドを持ち、医学研究に携わっています。

さらに、Appleは電子健康記録の交換と管理のため、一般的なプロトコルであるFHIRに関わる開発者を雇いました。同社は、主要な医療記録会社であるEpic Systemsの経歴を持つソフトウェアエンジニアとしてSean Mooreを雇用しています。さらに、アップルはデューク大学医学部の医学情報学科のリッキー・ブルームフィールド医師を雇いました。

CNBCの報道によると、Appleの最終的な健康目標は、

CDや散在したMP3をiTunesやiPodの中央管理システムで置き換えることと同様に断片化した複雑な健康データの環境を中央管理システムで一元管理すること。

これまでAppleはApple Watchとの「画期的な」糖尿病治療に取り組んでいると報告されていますが、同社は今年のWWDCで多数の健康改善を発表しました。