Foxconnの東芝買収についてAppleは支持か?

Foxconnの東芝のチップ部門のシェアを獲得しようとしていることは、ハイテク業界のWho’s Whoに変わっているようだ。 

ロイターの報道によると、Foxconnの買収提案を支持している3社が明らかになった。

Terry Gouは、台湾企業もGoogle、Microsoft、Cisco Systemsとの間で、ビッドへの参加について話し合っていたと述べた。

ハイテク企業が東芝のチップ製造事業の株式を個別に買収するか、Foxconnに単一の入札を支援するための資金を提供するかどうかはまだ不明だが、最新の報告書は後者を支持しています。

Gou氏はロイター通信に対し、Foxconnは40%以上のシェアを占めると語った。台湾企業といくつかの異なる米国企業との間の事業の分裂支配は、支配持分を保有する単一の外国企業よりも日本にとってより美味です。

4月のNHKの報告書によれば、アップルは20%を超える直接的な株式を求めているとの見解も示している。

東芝は主にNANDチップを製造している。一部の報告書を含む消費者向けエレクトロニクス製品の生産量を脅かすような部品不足が現れた時点で、Appleはフラッシュストレージチップの供給を確保することに強い関心を持っていた。